街コロ

Machi Koro


2-4

プレイ人数

30+

プレイ時間

7+

推奨年齢

難易度

ダイスで資金調達して
都市を発展させよう!

プレイヤーは企業のオーナーとなり、様々な施設やランドマークを建設して街を発展させていくことを目指します。施設からコインを獲得する方法はダイスです。他プレイヤーの出目でも効果を発動できる効果もあり、いかに効率よくコインを稼いでいけるかが重要です。
ルールが非常にわかりやすく、ダイスの運次第だけではない戦略要素もあるため、初心者から楽しめるオススメの国産ボードゲームです。

ゲームの準備 
サプライの準備

・サプライ用の施設を種類別に表向きで並べます。(裏面が緑色)

プレイヤーの初期施設

・各プレイヤーは、「麦畑」と「パン屋」を表向きで並べます。(裏面が黄色)

ランドマーク

・各プレイヤーは、ランドマーク4枚を裏向きで並べます。

コイン

・全プレイヤーは3コイン受け取ります。
・残りのコインをまとめておき、銀行とします。

スタートプレイヤー

・任意の方法で決めます。

ゲームのプレイ 
ゲームの目的

・全てのランドマークを建設すること。

ゲームの流れ

・ゲームはスタートプレイヤーから時計回りで順番に手番を行います。
・手番では次の3つのアクションを順番に行います。
 ① ダイスを振る
 ② 収入を得る
 ③ 施設の建設
・いずれかのプレイヤーが全てのランドマークを建設するとゲームは終了します。

① ダイスを振る

・ダイスを1つ振ります。
・駅が建設されている場合は、振るダイスの数を1つか2つかを選択します。

② 収入を得る

・出目とカードの数字が同じ場合、その施設から収入を得ます。
《緑色の場合》
・自分の手番のみ収入を得ます。
《青色の場合》
・誰の手番でも収入を得ます。
《赤色の場合》
・ダイスを振ったプレイヤーからコインを受け取ります。
《紫色の場合》
・自分の手番時のみ、他プレイヤーから支払ってもらいます。

③ 施設の建設

・施設を1つまで建設することができます。

《コインの支払》

・支払うコインが足りない場合、支払えない分は免除されます。
・支払いと収入を同時に処理する場合、支払いから処理します。
・複数のプレイヤーに対して支払いが発生した場合、反時計回り順に処理します。

ゲームの終了

・いずれかのプレイヤーが全てのランドマークを建設するとゲームは終了します。
・最初に4つのランドマークを建設したプレイヤーの勝利です。

施設の種類 
緑:商店、工場、市場など

・自分のターンの時に銀行からコインをもらう。

青:第一次産業

・誰のターンでも銀行からコインをもらう。

赤:飲食店

・ダイスを振ったプレイヤーからコインをもらう。

紫:大施設

・自分の街に1種類につき1件しか建設できません。
・自分のターンの時に他のプレイヤーからコインをもらう。

黄:ランドマーク

・建設する事で様々な効果があります。

リンク

基本情報

  • プレイ人数:2-4人(BEST:4人)
  • プレイ時間:30-40分
  • 推奨年齢:7歳以上
  • 発売時期:2012年
  • 参考価格:3,300円
  • 受賞歴:ドイツ年間ゲーム大賞(2015年ノミネート)
  • テーマ::ダイス×都市開発
  • メカニクス:ダイスロール
  • ゲームデザイナー:菅沼 正夫